第39回宮崎県サッカーリーグが開幕 | 第1種委員会(県リーグ)

第39回宮崎県サッカーリーグが開幕

 第39回宮崎県サッカーリーグが5月12日に開幕しました。1部リーグで昨年優勝した延岡市SCは敗れる一方で、2位だった宮崎産業経営大学FCと3位だった西都スパークスは白星でのスタートとなりました。2部リーグは昨年上位の敗戦が多く、3部リーグはドロー決着が3試合もありました。
 次節は6月1日。1部リーグが川南町運動公園陸上競技場(川南町)、3部リーグが萩の台公園多目的スポーツ広場(宮崎市)で行われます。2部リーグの会場は不明です。
 
【1部第1節】
会場:高城運動公園多目的広場(都城市)

宮崎産業経営大学FC 8 – 0 楽蹴クラブ
 (前半2-0、後半6-0)
高鍋OFC 2 – 0 延岡市SC
 (前半0-0、後半2-0)
西都スパークス 3 – 1 日向太陽SC1973
 (前半1-1、後半2-0)
ディナモ都城 3 – 0 児湯SC
 (前半1-0、後半2-0)
【2部第1節】
会場:高崎総合運動公園多目的広場(都城市)

FC.GARYUW 4 – 2 田野ウィングス
 (前半2-1、後半2-1)
JURI.SC 5 – 0 宮崎蹴球団ドリームズ
 (前半2-0、後半3-0)
都農FC 3 – 0 日南蹴友会
 (前半2-0、後半1-0)
新田原基地サッカー部 4 – 1 FCペレグリン
 (前半3-0、後半1-1)
【3部第1節】
会場:永山運動公園サッカー場(えびの市)

宮崎市役所 2 – 2 FC増田
 (前半1-0、後半1-2)
旭陽会 3 – 0 向洋クラブ
 (前半2-0、後半1-0)
高鍋ワイタンデーFC 4 – 4 西都蹴球会
 (前半1-1、後半3-3)
串間クラブ 2 – 2 えびのクラブ
 (前半2-2、後半0-0)


 第39回宮崎県サッカーリーグが5月12日に開幕しました。1部リーグで昨年優勝した延岡市SCは敗れる一方で、2位だった宮崎産業経営大学FCと3位だった西都スパークスは白星でのスタートとなりました。2部リーグは昨年上位の敗戦が多く、3部リーグはドロー決着が3試合もありました。
 次節は6月1日。1部リーグが川南町運動公園陸上競技場(川南町)、3部リーグが萩の台公園多目的スポーツ広場(宮崎市)で行われます。2部リーグの会場は不明です。
 
【1部第1節】
会場:高城運動公園多目的広場(都城市)

宮崎産業経営大学FC 8 – 0 楽蹴クラブ
 (前半2-0、後半6-0)
高鍋OFC 2 – 0 延岡市SC
 (前半0-0、後半2-0)
西都スパークス 3 – 1 日向太陽SC1973
 (前半1-1、後半2-0)
ディナモ都城 3 – 0 児湯SC
 (前半1-0、後半2-0)
【2部第1節】
会場:高崎総合運動公園多目的広場(都城市)

FC.GARYUW 4 – 2 田野ウィングス
 (前半2-1、後半2-1)
JURI.SC 5 – 0 宮崎蹴球団ドリームズ
 (前半2-0、後半3-0)
都農FC 3 – 0 日南蹴友会
 (前半2-0、後半1-0)
新田原基地サッカー部 4 – 1 FCペレグリン
 (前半3-0、後半1-1)
【3部第1節】
会場:永山運動公園サッカー場(えびの市)

宮崎市役所 2 – 2 FC増田
 (前半1-0、後半1-2)
旭陽会 3 – 0 向洋クラブ
 (前半2-0、後半1-0)
高鍋ワイタンデーFC 4 – 4 西都蹴球会
 (前半1-1、後半3-3)
串間クラブ 2 – 2 えびのクラブ
 (前半2-2、後半0-0)

  • 規約等
  • 年度計画
  • 委員会概要
  • 日本サッカー協会
  • ホンダロックサッカー部