第36回宮崎県サッカーリーグの結果(10月25日) | 第1種委員会(県リーグ)

第36回宮崎県サッカーリーグの結果(10月25日)

 第36回宮崎県サッカーリーグの11試合が10月25日にありました。1部リーグは、MSU.FCとエストレーラ宮崎FCがともに勝ったため、優勝争いはこの2チームに絞られました。残留争いは、西都スパークスの残留が決まった一方で、楽蹴クラブの8位以下が確定。宮崎県庁SCも自力で7位になる可能性はなくなりました。
 2部リーグは、上位2チームがつまづきました。児湯クラブが引き分けると、日向太陽SC1973が初黒星。しかし、両チームの2位以上は確定しました。五十市FCと飛翔FCは8位以下が決まりました。3部リーグは、初黒星の高鍋OFCに替わって、JURI SCが首位に立ちました。串間クラブは最下位を脱出しました。
 次回は、11月1日に児湯クラブとBeBu SCの試合が行われます。会場はまだ決まっていません。
 
【1部第8節】
会場:清水台総合公園多目的広場(西都市)

寺門健 3 – 1 西都スパークス
 (前半0-1、後半3-0)
MSU.FC 6 – 0 宮崎県庁SC
 (前半2-0、後半4-0)
延岡市SC 1 – 1 田野ウィングス
 (前半1-0、後半0-1)
エストレーラ宮崎FC 4 – 2 楽蹴クラブ
 (前半2-1、後半2-1)
【2部第8節】
会場:小丸川河川敷グランド(高鍋町)

児湯クラブ 4 – 4 サザンクロスFC1974
 (前半2-1、後半2-3)
BeBu SC 6 – 2 飛翔FC
 (前半3-1、後半3-1)
都農FC 6 – 3 FCペレグリン
 (前半3-3、後半3-0)
新田原基地サッカー部 2 – 1 日向太陽SC1973
 (前半0-1、後半2-0)
【3部第6節】
会場:串間市総合運動公園陸上競技場(串間市)

JURI SC 9 – 0 高鍋ワイタンデー
 (前半2-0、後半7-0)
串間クラブ 3 – 0 高鍋OFC
 (前半2-0、後半1-0)
FC.GARYUW 5 – 2 西都蹴球会
 (前半2-0、後半3-2)


 第36回宮崎県サッカーリーグの11試合が10月25日にありました。1部リーグは、MSU.FCとエストレーラ宮崎FCがともに勝ったため、優勝争いはこの2チームに絞られました。残留争いは、西都スパークスの残留が決まった一方で、楽蹴クラブの8位以下が確定。宮崎県庁SCも自力で7位になる可能性はなくなりました。
 2部リーグは、上位2チームがつまづきました。児湯クラブが引き分けると、日向太陽SC1973が初黒星。しかし、両チームの2位以上は確定しました。五十市FCと飛翔FCは8位以下が決まりました。3部リーグは、初黒星の高鍋OFCに替わって、JURI SCが首位に立ちました。串間クラブは最下位を脱出しました。
 次回は、11月1日に児湯クラブとBeBu SCの試合が行われます。会場はまだ決まっていません。
 
【1部第8節】
会場:清水台総合公園多目的広場(西都市)

寺門健 3 – 1 西都スパークス
 (前半0-1、後半3-0)
MSU.FC 6 – 0 宮崎県庁SC
 (前半2-0、後半4-0)
延岡市SC 1 – 1 田野ウィングス
 (前半1-0、後半0-1)
エストレーラ宮崎FC 4 – 2 楽蹴クラブ
 (前半2-1、後半2-1)
【2部第8節】
会場:小丸川河川敷グランド(高鍋町)

児湯クラブ 4 – 4 サザンクロスFC1974
 (前半2-1、後半2-3)
BeBu SC 6 – 2 飛翔FC
 (前半3-1、後半3-1)
都農FC 6 – 3 FCペレグリン
 (前半3-3、後半3-0)
新田原基地サッカー部 2 – 1 日向太陽SC1973
 (前半0-1、後半2-0)
【3部第6節】
会場:串間市総合運動公園陸上競技場(串間市)

JURI SC 9 – 0 高鍋ワイタンデー
 (前半2-0、後半7-0)
串間クラブ 3 – 0 高鍋OFC
 (前半2-0、後半1-0)
FC.GARYUW 5 – 2 西都蹴球会
 (前半2-0、後半3-2)

  • 規約等
  • 年度計画
  • 委員会概要
  • 日本サッカー協会
  • ホンダロックサッカー部