第36回宮崎県サッカーリーグの結果(10月18日) | 第1種委員会(県リーグ)

第36回宮崎県サッカーリーグの結果(10月18日)

 第36回宮崎県サッカー1部リーグの1試合が10月18日に行われました。前半は、フリーキックから本田のヘディングシュートで寺門健が序盤に先制し、その後も押し気味に試合を進めます。しかし、エストレーラ宮崎FCは37分に城がフリーキックを直接決めて追いつき、さらに富永の粘りあるプレーでPKを得て逆転。寺門健は後半の27分にようやく追いつきます。しかし、終盤の決定的チャンスを何度も逃し、試合は2-2の引き分けに終わりました。エストレーラは、まだ自力優勝の可能性を残しています。
 次回は10月25日。1部リーグは清水台総合公園多目的広場(西都市)、2部リーグは小丸川河川敷グランド(高鍋町)、3部リーグは串間市総合運動公園陸上競技場(串間市)で行われます。
【1部第7節】
会場:生目の杜運動公園多目的グラウンドB(宮崎市)

エストレーラ宮崎FC 2 – 2 寺門健
 (前半2-1、後半0-1)


 第36回宮崎県サッカー1部リーグの1試合が10月18日に行われました。前半は、フリーキックから本田のヘディングシュートで寺門健が序盤に先制し、その後も押し気味に試合を進めます。しかし、エストレーラ宮崎FCは37分に城がフリーキックを直接決めて追いつき、さらに富永の粘りあるプレーでPKを得て逆転。寺門健は後半の27分にようやく追いつきます。しかし、終盤の決定的チャンスを何度も逃し、試合は2-2の引き分けに終わりました。エストレーラは、まだ自力優勝の可能性を残しています。
 次回は10月25日。1部リーグは清水台総合公園多目的広場(西都市)、2部リーグは小丸川河川敷グランド(高鍋町)、3部リーグは串間市総合運動公園陸上競技場(串間市)で行われます。
【1部第7節】
会場:生目の杜運動公園多目的グラウンドB(宮崎市)

エストレーラ宮崎FC 2 – 2 寺門健
 (前半2-1、後半0-1)

  • 規約等
  • 年度計画
  • 委員会概要
  • 日本サッカー協会
  • ホンダロックサッカー部