第36回宮崎県サッカーリーグの結果(10月11日) | 第1種委員会(県リーグ)

第36回宮崎県サッカーリーグの結果(10月11日)

 第36回宮崎県サッカーリーグの7試合が10月11日に行われました。1部リーグは、これまで全敗の楽蹴クラブが、残り10分の3得点でディナモ都城と引き分け、初めての勝ち点を得ました。田野ウィングスと宮崎県庁SCの残留争いは、田野が2人の退場者を出した影響なのか2点差を追いつかれ、ともに勝ち点1を上積みしただけに終わりました。西都スパークスは10人の延岡市SCに勝ち、3連勝で残留を有力にしました。
 2部リーグは、サザンクロスFCが3勝目を挙げました。クラブ選手権出場の都農FCは4敗目。未勝利同士の対戦は、五十市FCが勝ちました。3部リーグは、FC.GARYUWが10人の宮崎蹴球団ドリームズを相手に2勝目を挙げて、順位を4位にひとつ上げました。
 
【1部第7節】
会場:小林総合運動公園展望広場(小林市)

ディナモ都城 3 – 3 楽蹴クラブ
 (前半2-0、後半1-3)
宮崎県庁SC 3 – 3 田野ウィングス
 (前半1-2、後半2-1)
西都スパークス 6 – 2 延岡市SC
 (前半2-0、後半4-2)
【2部第7節】
会場:高城運動公園多目的広場(都城市)

サザンクロスFC1974 4 – 2 都農FC
新田原基地サッカー部 0 – 0 FCペレグリン
 (前半0-0、後半0-0)
五十市FC 5 – 1 飛翔FC
【3部第2節】
会場:高城運動公園多目的広場(都城市)

FC.GARYUW 7 – 1 宮崎蹴球団ドリームズ
 (前半2-1、後半5-0)


 第36回宮崎県サッカーリーグの7試合が10月11日に行われました。1部リーグは、これまで全敗の楽蹴クラブが、残り10分の3得点でディナモ都城と引き分け、初めての勝ち点を得ました。田野ウィングスと宮崎県庁SCの残留争いは、田野が2人の退場者を出した影響なのか2点差を追いつかれ、ともに勝ち点1を上積みしただけに終わりました。西都スパークスは10人の延岡市SCに勝ち、3連勝で残留を有力にしました。
 2部リーグは、サザンクロスFCが3勝目を挙げました。クラブ選手権出場の都農FCは4敗目。未勝利同士の対戦は、五十市FCが勝ちました。3部リーグは、FC.GARYUWが10人の宮崎蹴球団ドリームズを相手に2勝目を挙げて、順位を4位にひとつ上げました。
 
【1部第7節】
会場:小林総合運動公園展望広場(小林市)

ディナモ都城 3 – 3 楽蹴クラブ
 (前半2-0、後半1-3)
宮崎県庁SC 3 – 3 田野ウィングス
 (前半1-2、後半2-1)
西都スパークス 6 – 2 延岡市SC
 (前半2-0、後半4-2)
【2部第7節】
会場:高城運動公園多目的広場(都城市)

サザンクロスFC1974 4 – 2 都農FC
新田原基地サッカー部 0 – 0 FCペレグリン
 (前半0-0、後半0-0)
五十市FC 5 – 1 飛翔FC
【3部第2節】
会場:高城運動公園多目的広場(都城市)

FC.GARYUW 7 – 1 宮崎蹴球団ドリームズ
 (前半2-1、後半5-0)

  • 規約等
  • 年度計画
  • 委員会概要
  • 日本サッカー協会
  • ホンダロックサッカー部