YD日記 県高校選手権 準決勝 日章学園VS日南学園 | 技術委員会

YD日記 県高校選手権 準決勝 日章学園VS日南学園

2016高校選手権準決勝

チャレンジャーの執念 王者の地力

 

第一試合 日章学園2(1-0 0-1 1-0 0-0)1日南学園

dsc_0002

日南学園のチャレンジ精神が王者日章を苦しめ、好ゲームの一因となった。

立ち上がりから前がかりになって攻め立てた日南学園を受け止めた日章は6分ゴール正面で得たFKを⑥佐藤(詩)が芸術的なゴールで先制。主導権を握る。対する日南学園は⑮寺坂⑩磯崎を怪我で欠く苦しい台所の中、清水監督がメンバーチェンジ、システムチェンジなどで活路を見出そうとする。前半20分過ぎに⑬李を投入、中盤から前線へと幅広い動きで日南学園の攻撃陣を引っ張る。

日章は中盤でのパスワークにミスが出始めリズムが少しずつおかしくなってくる。30分にバックパスをカットした⑩岩切がクロスを上げるが真ん中で詰め切れず、ビッグチャンスを逸す。日学もセットプレーで強さを見せた⑤李がヘッドでゴールを狙うが決めきれない。

dsc_0004

1-0で前半を折り返した日章。中盤のメンバーを入れ替えリフレッシュするが小さなミスが出てゲームを支配できない。

dsc_0006

日学は後半途中から投入された⑯上野が活躍。スピードと個人技で日章ゴール前に迫る。日章も③高橋が体を張ったディフェンスでピンチをしのいでいたが、終了間際の78分、日章ゴールを日学がこじ開ける。PKエリア前の右サイドで⑧松川がヒールで⑭井本にパス、それをドリブルで持ち込みシュート。同点とする。

試合は延長戦に入り延長前半日章が突き放す。⑧吉田のスルーパスを受けた⑩岩切がシュート日学GK⑫鳥海がブロックしたがそのボールを拾ってクロス、真ん中で詰めていた⑥佐藤(詩)がヘッドでゴール。2-1とする。

日学も総力戦で挑んだが延長後半もゲームは動かずそのままタイムアップ。辛くも日章が勝ち上がった。

近年安定してベスト8に入り、県リーグでも1部の上位に位置する日南学園であるが、今年のチームは特にハードワークを厭わない好チームに仕上がっていた。この結果を財産としてさらに積み上げて行って高みを目指してほしい。

日章学園は最後まで日学のプレスに手を焼いてパスワークにブレを生じていたが、早稲田監督の我慢強さが勝因の一つであろう。悪い時でもじっと我慢してじっくり構えている。監督としての在り方の一つを見せてくださっている。

決勝までには修正を加えてベストの状態に仕上げてくるだろう。

  • 日本サッカー協会
  • ホンダロックサッカー部