お知らせ | 技術委員会

カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

YD日記 県高校選手権 準決勝 鵬翔VS宮崎日大

2016高校選手権準決勝

鵬翔の強さ 日大の臥薪嘗胆

第二試合 鵬翔4(0-1 4-0)1宮崎日大

dsc_0009

好勝負が期待された準決勝第二試合は予想に反して鵬翔が快勝、決勝へと駒を進めた。

序盤、両チームともセカンドボールが拾えず、中盤でのせめぎ合いが続く。

先制したのは日大。33分右サイド⑧高木のシュートを鵬翔GK①原田がセーブ、弾いたボールを⑩三島が詰めて1-0とする。

後半に入り鵬翔がギアチェンジ、DFの裏にボールが出るようになりフィニッシュまで持ち込めるようになる。日大はDFラインが下がってしまい、受け身になる。

後半4分鵬翔が追いつく。PKエリア内で執拗な攻撃でシュートを連発。日大DFがゴール前で体を張ってブロックするが⑯依光が思い切りのいいシュートでゴール。1-1と振出しに戻る。

鵬翔はなおも前への圧力をかけ続けゲームを優位に運ぶ。11分、日大DFの一瞬のすきを突き⑯依光が右足一閃ミドルシュート。日大GK⑰井野元がセーブするも届かず逆転に成功する。

日大南監督はメンバーチェンジ、システムチェンジなどで流れを変えようとするが鵬翔の勢いは止まらない。ボランチ④宮本、DF⑥平野がゴールを重ね、終わってみれば4-1の大勝。実力以上の差が出た結果となった。

fb_img_1478154433518

日大は1,2年生にタレントをそろえている。その分経験値の差が出たようだが、一年生大会一回戦で敗れた現三年生をここまで育て上げた南監督、倉石コーチの手腕は称賛できるものである。捲土重来、臥薪嘗胆で来年以降のリベンジを期待したい。

鵬翔は、流石のゲーム運びであった。一点ビハインドのハーフタイム。動揺することなくどっしりと構えていた松崎総監督、上永監督の態度が鵬翔選手に落ち着きをもたらしていた。

フィジカル的に強い鵬翔、伝統のパスワークに磨きをかける日章。

今年も赤・青の闘いとなった。

11月6日(日) KIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園サッカー場

13時05分キックオフ

是非会場に足をお運びください!

YD日記 高校選手権を支える

宮崎県の高校サッカーを支える皆さんです。

dsc_0011

高体連サッカー専門委員長都甲氏を中心に一致団結して大会運営にあたっています。

会場でゲームを見ることができず周辺警備にあたる方々。

dsc_0010

バックスタンドの応援団をコントロールする方々。

嫌な顔もせず熱心に仕事をこなしてくださいます。本当にご苦労様です、そしてありがとうございます。

dsc_0012

こういった協力体制が宮崎県の強さです。

 

決勝も頑張ります!スタッフにも温かい声をおかけくだされば幸いです。

 

YD日記 県高校選手権 準決勝 日章学園VS日南学園

2016高校選手権準決勝

チャレンジャーの執念 王者の地力

 

第一試合 日章学園2(1-0 0-1 1-0 0-0)1日南学園

dsc_0002

日南学園のチャレンジ精神が王者日章を苦しめ、好ゲームの一因となった。

立ち上がりから前がかりになって攻め立てた日南学園を受け止めた日章は6分ゴール正面で得たFKを⑥佐藤(詩)が芸術的なゴールで先制。主導権を握る。対する日南学園は⑮寺坂⑩磯崎を怪我で欠く苦しい台所の中、清水監督がメンバーチェンジ、システムチェンジなどで活路を見出そうとする。前半20分過ぎに⑬李を投入、中盤から前線へと幅広い動きで日南学園の攻撃陣を引っ張る。

日章は中盤でのパスワークにミスが出始めリズムが少しずつおかしくなってくる。30分にバックパスをカットした⑩岩切がクロスを上げるが真ん中で詰め切れず、ビッグチャンスを逸す。日学もセットプレーで強さを見せた⑤李がヘッドでゴールを狙うが決めきれない。

dsc_0004

1-0で前半を折り返した日章。中盤のメンバーを入れ替えリフレッシュするが小さなミスが出てゲームを支配できない。

dsc_0006

日学は後半途中から投入された⑯上野が活躍。スピードと個人技で日章ゴール前に迫る。日章も③高橋が体を張ったディフェンスでピンチをしのいでいたが、終了間際の78分、日章ゴールを日学がこじ開ける。PKエリア前の右サイドで⑧松川がヒールで⑭井本にパス、それをドリブルで持ち込みシュート。同点とする。

試合は延長戦に入り延長前半日章が突き放す。⑧吉田のスルーパスを受けた⑩岩切がシュート日学GK⑫鳥海がブロックしたがそのボールを拾ってクロス、真ん中で詰めていた⑥佐藤(詩)がヘッドでゴール。2-1とする。

日学も総力戦で挑んだが延長後半もゲームは動かずそのままタイムアップ。辛くも日章が勝ち上がった。

近年安定してベスト8に入り、県リーグでも1部の上位に位置する日南学園であるが、今年のチームは特にハードワークを厭わない好チームに仕上がっていた。この結果を財産としてさらに積み上げて行って高みを目指してほしい。

日章学園は最後まで日学のプレスに手を焼いてパスワークにブレを生じていたが、早稲田監督の我慢強さが勝因の一つであろう。悪い時でもじっと我慢してじっくり構えている。監督としての在り方の一つを見せてくださっている。

決勝までには修正を加えてベストの状態に仕上げてくるだろう。

YD日記 高円宮杯 九州大会 日章学園VSロアッソ熊本U-15

H.28.10.30

高円宮杯U-15九州大会二回戦の視察をしてきました。

日章学園VSロアッソ熊本U-15

日章順当勝ち 着実に得点を重ねる

dsc_0009

戦評

高円宮杯全国への切符はわずかに三つ。昨日神村学園に1-0と競り勝った日章が二回戦もロアッソ熊本相手に危なげなく得点を重ね三回戦にコマを進めた。

両チームともDFラインをコンパクトに保ち、3ラインを作る。日章は4-4-2のダブルボランチ、ロアッソは4-3-3の布陣を引いた。お互い定石であるサイドからの崩しを意識したが、ロアッソはサイドのDFを押し上げられずウイングが中盤まで下がってしまう。4-1-4-1の形になってしまい、サイドで打開できない。

dsc_0011

センターが開いてきたロアッソに対し日章は強力2トップ⑨東⑩鈴木が縦の関係を上手く使い、ポストプレーからDFラインを抜け出してチャンスを作る。24分27分とビッグチャンスを決めきれなかった31分、日章に待望の先取点。右サイドからの波状攻撃から左サイドの⑬日吉が打ったシュートに⑥小林がゴール前でコースを変えてゴール。1-0とし前半を終える。

dsc_0014

後半も日章がペースを握り、運動量の落ちてきたロアッソに対し速いパスワークで突き放しにかかる。41分正面で得たFKがDFに当たりGK前に、それを⑩鈴木が冷静に決めて2-0とし試合を決定づける。5分のアディショナルタイムにもスピードアップしたパスワークからゴールを決め力の差を見せつけた。

日章GK①河野、CB③後藤④児玉が安定してロアッソの攻撃を弾き返し、ダブルボランチの⑥小林が効果的なパスを配給。⑦中別府が中盤で相手の攻撃の芽を摘み⑧阿部も安定した攻め上がりを見せた。日章会心のゲームと言えるのではないか。

dsc_0018dsc_0019

来週は小林市から大分県佐伯市に会場を移し、日章の全国大会へのチャレンジが続きます。是非ともあと二つ勝って欲しいと願っています。

ALLEZ!  NISHO (アレー! 日章)

YD日記 高校選手権 準々決勝 宮崎工VS日南学園

H.28.10.29

高校選手権 ベスト4決まるdsc_0001dsc_0002dsc_0004dsc_0005dsc_0006dsc_0007

戦評

宮崎工0(0-1 0-1)2日南学園

熱いゲームの結末は日南学園勝利

10月下旬とは思えない暑さの中、ベスト4の切符をかけた一戦は両者のプライドがぶつかり合う熱いゲームであった。

先制したのは日南学園。4分自陣左サイドからのFKを⑤李がヘッドで決めて1-0とする。対する宮工も8分⑧黒木(康)のアーリークロスを⑩松下が引っ掛けるが惜しくもポストに遮られノーゴール。日学がポゼッションで優位にゲームを運ぶが宮工も縦のスピードを生かし反撃、こうゲームを展開した。

宮工はCF⑩松下にくさびを入れそこから攻撃のバリエーションを増やす得意の展開を日学CB⑤李③原田がプレッシャーをかけ潰しにかかる。空中戦はほとんど弾き返して強さを見せる。

前半を0-1で折り返した宮工は後半開始から中盤を入れ替え打開を図る。右サイドにいた⑥財部が真ん中に位置し中盤でプレスをかける。スタミナとパワーに勝る宮工が押し気味に後半が始まる。

日学は⑩磯崎⑭井本を起点とした鋭いカウンターで対抗、宮工ゴールを脅かす。

47分日学の右からのクロス、こぼれたところを③原田が冷静に流し込み追加点。2-0とする。

ここから両チーム球際で激しい競い合いを見せお互いがゴール前に迫る攻防となったが、日学GK⑫鳥海が鋭い飛び出しで宮工の縦パスを防ぐ。得点はそのまま動かず2-0でタイムアップ。日南学園が準決勝へと駒を進めた。

高温の中行われたゲームであったが、テクニック面で若干勝る日南学園が、宮崎工業の「速さ」を止めたところが勝因であったかと思われる。

準決勝は11月3日(木)文化の日

宮崎市木花 KIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園サッカー場

11:00 日章学園 VS 日南学園

13:30 鵬翔高校 VS 宮崎日大

有料試合になりますが、是非、生でご観戦してください!

高校生の熱い戦いが期待できます!

宜しくお願いします!

YD日記 U-11 U-12 県トレセン

H.28.10.16

宮崎県U-11、U-12 トレセン

綾町 小田爪人工芝Gで小雨の中実施されました。

トレセンスタッフの精力的な指導によって、選手たちが溌剌とトレーニングに集中していました。

「やはり、止めて、蹴る、が大事だよね」「球際についてまだまだ働きかける必要がある」等々、昼食時にも活発な意見が出て、それをトレーニングに生かしていました。

育成はどのカテゴリーも大事ですが、ゴールデンエイジの子供たちの指導は最重要項目です。そういった中、スタッフの皆さんの頑張りがそのまま選手の成長につながっています。

技術委員会の4種担当の仲馬チーフ、U-11の林監督、U-12の豊村監督、水元コーチ、豊田コーチ、青木コーチ、ありがとうございました。また宜しくお願いします!

 

指導者の皆様

トレセンは本当に役に立ちますよ!

是非視察においでください!質問・ご意見等受け付けます。見える世界を共有しましょう!

dsc_0050-2dsc_0052-2_20161016_185225_20161016_185032_20161016_185720_20161016_185551_20161016_185447_20161016_185628

  • 日本サッカー協会
  • ホンダロックサッカー部