お知らせ | 技術委員会

「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

第1回南九州教員サッカー交流大会を開催しました

2月24日、25日に綾町小田爪陸上競技場にて、第1回南九州教員サッカー交流大会が行われました。

大会には、宮崎県教員シニアチーム、宮崎県教員成年チーム、鹿児島県教員チームの3チームが参加し、熱戦が繰り広げられました。

開幕戦 宮崎県教員成年チームvs鹿児島県教員チーム

合間には、A級コーチライセンス取得に向けた指導実践練習会を行いました。

24日の夜には両県の懇親会も行い、親睦を深めるとともに、今後も各カテゴリーで良いライバル関係を築けるように絆を強めました。

最後に、鹿児島県教員チームの皆様、遠くまでありがとうございました。

YD日記 GKスクール

10月9日(月) 19:00~21:00 生目杜でGKスクールが行われました。

今回はJFAの九州GK担当の墨谷さんをお迎えして、ナショナルトレセンのトレーニングを紹介していただきました。

墨谷さんは宇城のアカデミーに所属しておられ、今日は大分のU-12の後わざわざ宮崎に立ち寄っていただき、熱心な指導をしていただきました。

選手はもちろんGKプロジェクトのメンバーにも刺激をいただきました。
ありがとうございました。

GKスクールは定期的に開催されています。
10月11月は10月23日(月) 11月13日(月) 11月27日(月) 19:00~21:00 生目杜運動公園人工芝で実施予定です。

FBでも情報を提供しています。
興味・関心のある方は宜しくお願いします。

平成29年度 日本サッカー協会公認C・D級コーチリフレッシュ講習会 (10月22日開催)について

リフレッシュ講習会のご案内です。
宮崎県サッカー協会のチーフインストラクターの城氏が講師です。
下記の要項、申込書をご覧ください。

2017年10月22日開催リフレッシュ講習会

2017年10月22日開催リフレッシュ講習会申込書

YD日記 愛媛国体

残念
VS広島
前半2-0 後半0-2
延長戦 0-0 0-1
2-3で敗戦

色々な人達のサポートをいただきました。

昨年と同じチーム、同じ得点経過。
広島は強かったです。地力の違いを見せつけられました。

帰って分析して検証して次につなげます

悔しいけど

ご声援ありがとうございましたm(__)m

YD日記 2017第一回JJPを開催しました

パソコンの故障、諸事情でYD日記を怠っていました。ここにお詫びを申し上げ、再開させていただきます。

7月29日(土) 生目杜運動公園で宮崎県の第一回JJP(JリーグJFA協同プログラム)を開催しました。
九州ユースダイレクターの島田信幸氏を講師として招き、講義、実技をしていただきました。

島田さんの情熱的な指導と熱心な受講者の取り組みであっという間に時間が過ぎていき、充実したJJPとなりました。

30名余りの受講者の皆さんも講義、実技ともに精力的に動いていただきました。今後の指導に生かしていただきたいと思います。

YD日記 県高校選手権 準決勝 鵬翔VS宮崎日大

2016高校選手権準決勝

鵬翔の強さ 日大の臥薪嘗胆

第二試合 鵬翔4(0-1 4-0)1宮崎日大

dsc_0009

好勝負が期待された準決勝第二試合は予想に反して鵬翔が快勝、決勝へと駒を進めた。

序盤、両チームともセカンドボールが拾えず、中盤でのせめぎ合いが続く。

先制したのは日大。33分右サイド⑧高木のシュートを鵬翔GK①原田がセーブ、弾いたボールを⑩三島が詰めて1-0とする。

後半に入り鵬翔がギアチェンジ、DFの裏にボールが出るようになりフィニッシュまで持ち込めるようになる。日大はDFラインが下がってしまい、受け身になる。

後半4分鵬翔が追いつく。PKエリア内で執拗な攻撃でシュートを連発。日大DFがゴール前で体を張ってブロックするが⑯依光が思い切りのいいシュートでゴール。1-1と振出しに戻る。

鵬翔はなおも前への圧力をかけ続けゲームを優位に運ぶ。11分、日大DFの一瞬のすきを突き⑯依光が右足一閃ミドルシュート。日大GK⑰井野元がセーブするも届かず逆転に成功する。

日大南監督はメンバーチェンジ、システムチェンジなどで流れを変えようとするが鵬翔の勢いは止まらない。ボランチ④宮本、DF⑥平野がゴールを重ね、終わってみれば4-1の大勝。実力以上の差が出た結果となった。

fb_img_1478154433518

日大は1,2年生にタレントをそろえている。その分経験値の差が出たようだが、一年生大会一回戦で敗れた現三年生をここまで育て上げた南監督、倉石コーチの手腕は称賛できるものである。捲土重来、臥薪嘗胆で来年以降のリベンジを期待したい。

鵬翔は、流石のゲーム運びであった。一点ビハインドのハーフタイム。動揺することなくどっしりと構えていた松崎総監督、上永監督の態度が鵬翔選手に落ち着きをもたらしていた。

フィジカル的に強い鵬翔、伝統のパスワークに磨きをかける日章。

今年も赤・青の闘いとなった。

11月6日(日) KIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園サッカー場

13時05分キックオフ

是非会場に足をお運びください!

YD日記 高校選手権を支える

宮崎県の高校サッカーを支える皆さんです。

dsc_0011

高体連サッカー専門委員長都甲氏を中心に一致団結して大会運営にあたっています。

会場でゲームを見ることができず周辺警備にあたる方々。

dsc_0010

バックスタンドの応援団をコントロールする方々。

嫌な顔もせず熱心に仕事をこなしてくださいます。本当にご苦労様です、そしてありがとうございます。

dsc_0012

こういった協力体制が宮崎県の強さです。

 

決勝も頑張ります!スタッフにも温かい声をおかけくだされば幸いです。

 

  • 日本サッカー協会
  • ホンダロックサッカー部