JFA レフェリー・キャラバンが開催されました | 審判委員会

JFA レフェリー・キャラバンが開催されました

 MFA-LOGO-1 JFA レフェリー・キャラバンが宮崎県で開催されました

7月7日(土)・8日(日)の二日間、宮崎市に於いて「JFA レフェリー・キャラバン」が開催されました。このキャラバンはJFAが企画し、全都道府県を巡回して、プロのレフェリーや審判インストラクターを派遣していただき、、各県の現状に応じた研修を行うものです。各都道府県共に審判員の育成強化が中心となる研修ですが、宮崎県においては若い審判員不足により、審判指導者のみの研修となってしまったことは残念でした。しかしながら、審判指導者の役割は、審判育成強化にならなくてはならないものであり、指導方法や、分析力の研修に時間がかけられたことは幸いでした。これから8年後の宮崎国体に向けて、ユース審判員の発掘や育成に取り組むことを県協会全体で考えなければならないのではないかと思います。これを転機として頑張りたいと決意いたします。最後に意識の改革をしていただいたJFA審判部、講師の方々に深く感謝いたします。  審判委員会

事前に配布した試合映像(県高校総体)をそれそれが分析して持ち寄り、試合の難易度、審判員のパフォーマンスの評価とフィードバックの内容をディスカッション

指導手法(チューターリング)の理解、競技規則の解釈を深める5分間セッション、グループワーク(6ステップ・ダイアモンド9等)での発表、定型パワーポイントの活用等

JFAホームページにも掲載されていますのでご覧ください。

クリック→http://www.jfa.jp/referee/news/00018062/

 

 

 

 

 

 
  •  JFAラーニング      
  •  日本サッカー協会
  •  RAJ