☆ 第41回全日本少年サッカー大会に審判員で参加 | 審判委員会

☆ 第41回全日本少年サッカー大会に審判員で参加

MFA-LOGO-1 第41回全日本少年サッカー大会に本県ユース審判員「末原 滉太」君が参加しました!

12月24日(日)から29日(金)まで開催されました「JFAユース審判研修会」に、本県のユース審判員「末原浩太」君が参加しました。末原君は鵬翔高校の2年生です。JFA全日本少年サッカー大会(鹿児島県開催)の審判を行いながら、5泊6日で行われました。全国9地区から推薦されたユース審判員(九州地区からは6名)が参加しての審判研修です。予選リーグから決勝戦までの全試合をユース審判員で担当します。今大会より予選リーグから決勝戦まで1人審判法(主審のみ)で行われました。1人での判定はポジションが大切となります。この研修の成果を今後の審判に生かしてほしいと願います。 審判委員会

全国のユース審判員の仲間たちと(右から2人目が末原君)

末原滉太君のコメント

私は今回、私も小学生の時に憧れたステージ、全日本少年サッカー大会に審判として参加させていただきました!
この大会に参加するにあたって、昨年とは違い新しく予選リーグから最後の決勝戦まで一人制審判での進行に変わりすごく貴重な体験ができました!
私は夏にFFP(静岡県開催)にも参加させていただきそこでも一人制審判を体験させていただきました!その分、今大会はとても自信を持ってレフェリングをすることができました!しかしベスト16以上の笛を吹くことができずとても悔しかったです!まだまだ自分の上にも素晴らしいユース審判がいるのだなと身をもって実感しました!
この悔しさもバネにこれからも審判活動に励みたいと思います!そして一日でも早く1級レフリーになれるよに頑張っていきます

 

 
  •  JFAラーニング      
  •  日本サッカー協会
  •  RAJ