junior のすべての投稿

MFA 明光義塾カップ2018UMK中学生サッカー選手権大会が来週から始まります。

4/14(土)から、MFA明光義塾カップ2018UMK中学生サッカー選手権大会が、県内の会場で始まります。参加97チームで、中体連チームとクラブチームが中学生年代の頂点を狙う大会です。

※参加チームにはすでに組合せが配付されていますが、事務局の手違いで、4/22(日)の会場が変更になりました。関係のチームには大変ご迷惑をおかけします。訂正をして、お詫びを申しあげます。以下に訂正後の組合せをのせます。2018 名光義塾UMKサッカー組合せ(決定版)

※参加チームは、オーダー用紙を各チームご用意下さい。

※また、選手証を紙ベースでご用意下さい。個別タイプでも一覧表タイプでの構いません。(顔写真入り)

フェニックスジュニアユースカップで宮崎日本大学中学校が優勝。

3/24~26に、KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園他で実施された大会で、本県の宮崎日本大学中学校が優勝しました。この大会は、Jリーグのチームがキャンプを行った会場で、Jのジュニアユースチームも含めた県内外の24チームで実施するというものです。今年は、アビスパ福岡、セレッソ大阪和歌山、ファジアーノ岡山、サンフレッチェ広島びんごのJのジュニアユースチームが参加しました。その結果は以下の通りです。

優勝:宮崎日本大学中学校

準優勝:太陽スポーツクラブU-15(鹿児島県)

第3位:F.Cuore U-15(鹿児島県)

第4位:福岡BUDDY FC U-15(福岡県)

h29大会結果

明光義塾カップの申込期日迫る。

明光義塾カップUMK中学生サッカー選手権大会2018の申込の締切が平成30年2月28日(水)です。参加料の入金の締切も同日です。

また、日本サッカー協会への登録の締切は平成30年3月28日です。協会登録に際し、「登録責任者代理」追加のお願いの件で、問い合わせがありました。日本協会のキックオフのシステムでは、代理は任意になっていますが、来年度の登録から「代理」必ず追加することが必要です。未登録の場合は、差し戻しになるので、ご協力をよろしくお願いします。大会の要項などはこちらを参照して下さい。

明光義塾オーダー用紙(30名用)

大会申し込み(30名登録)

個人情報保護法&撮影許可&二次使用許諾依頼-1

監督変更・選手追加届

平成29年宮崎県U-13中学生サッカー大会実施される。

平成30年2月3日・4日に都農町藤見運動公園で標記の大会が実施されたました。県内の7つの地域の予選を勝ち抜いた8チームを、4チームずつ2つのパートにわけ予選リーグを行いました。各パートの1位同士が決勝を行い、延長戦の末、セレソン都城が優勝しました。準優勝はセントラルFC宮崎、3位は東大宮中学校とプログレッソ日向FCでした。

宮崎県トレセン第2回全体交流会(各地区トレセン対抗戦)が実施される。

平成30年1月14日(日)に、宮崎県トレセン第2回全体交流会が高原運動公園で実施された。各地区のU14とU13のカテゴリーから地区トレセンのチームをつくり、トーナメント方式の対抗戦を行った。

当日は大変寒い中、白熱したゲームが繰り広げられ、U14の部、U13の部ともに、宮崎地区Aと宮崎地区Bの決勝となった。

 

U14の部で優勝した宮崎地区Aチームは、2/17・18に行われる鹿児島県姶良大会に参加する。

 

トレセン交流会試合結果(高原H30、1月)

平成29年度第38回九州選抜中学生サッカー大会に参加

平成30年1月4~6日に、沖縄県で実施された「平成29年度第38回九州選抜中学生サッカー大会に本県のU14選抜チームが参加した。各県のチーム力は拮抗しており、本県もいいゲームをしたが、今一歩結果に結びつけることはできなかった。また、同時にU13の研修会も行われ、本県から8名のU13の選手が参加した。コピー大会結果

宮崎県U14トレセンが、第27回コミュニティーワールドカップサッカーin八千代で優勝

12/23~26に開催された第27回コミュニティーワールドカップサッカーin八千代で、本県U14トレセンが優勝しました。本県トレセンは、平成10年の第8回大会から参加しており、今回でちょうど20回の参加となる。過去には、2度の優勝、1度の準優勝、2度の3位の結果も残している。今回は、韓国のチームや北海道のチーム、東京朝鮮選抜チームとも対戦しており、選手には大変良い経験となった。

DSC_1468